2013年03月03日

シドニー オペラハウス

シドニー オペラハウスに行ってきました。
ハーバーブリッジの壮大さも最高のロケーションですが、オペラハウスの館内観光(有料)ではさまざまな秘密について聞くことができます。
オペラハウスについては、設計がコンペだったことや、予算や工期が大幅に超過した逸話をよく聞きますが、実物を目の前にした説明はやはりその構造に重点が置かれた説明になります。
非常にユニークな形の建物ですが、その中に劇場がどのように造られているのか。通常の形の劇場に、あの貝殻のような形のカバーを被せたように造られているのです。オペラハウスの中に入ると、劇場そのものと外壁との間に空間が広がっているのがわかります。

シドニー オペラハウスは、シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)はオーストラリア・シドニーにある20世紀を代表する近代建築物であり、世界的に有名な歌劇場・コンサートホール・劇場でもある。オペラ・オーストラリア、シドニー・シアター・カンパニー、シドニー交響楽団の本拠地になっている。
ヨットの帆が膨らんだように見える独創的で複雑なデザインは、オーストラリアのシンボル的存在として世界中に知れ渡っている。デザインコンペでは世界32カ国から233件の応募があり、デンマークの建築家ヨーン・ウッツォンの設計案が採用された。複雑な構造を持つ建物は幾多の困難を乗り越え、竣工から14年もの月日を費やして完成した。  


Posted by ナカムー at 22:23オーストラリア旅行

2013年02月08日

キュランダ観光

キュランダ観光に行ってきました。
アート、衣料、食料、楽器、雑貨など、色々なお店が立ち並んでいるので、ケアンズ市内で買い物をするよりは安く買い物をする事ができると思います。
アーチスト達の集落として栄え土産物屋やカフェレストラン、アボリジニ製品などが建ち並ぶ村とのことでしたが、寂れた雰囲気で楽しめませんでした。
キュランダに行くならやはり、キュランダ高原列車やスカイレールを利用する方が楽しめるかも。 キュランダ高原鉄道は、ゴールドクラスがおすすめ。
普通席に47ドルプラスでビール・ワイン・ソフトドリンクやマフィンやクロワッサンサンドなど食べ物も出てきます。

キュランダは、ケアンズ市内から車で約50分程いったところにある、標高約500メートルにある熱帯雨林に囲まれた村。
キュランダには、有名なバロン川の滝やレインフォレステーション、バタフライサンクチャリーもあり、一番有名なのがケアンズからつながっているキュランダ鉄道で冷房も無くトロトロ走るが車窓から見える景色は最高。
昔から行われているのがオリジナルマーケットで水木金日に開催、もう一つはヘリテイジマーケットで毎日開催。
日曜は、キュランダのマーケットには、地元の人も訪れるのでキュランダ村は賑わう。  
タグ :キュランダ


Posted by ナカムー at 21:22オーストラリア旅行

2013年01月18日

ケアンズ・トロピカルズー&ナイトズー

ケアンズ・トロピカルズーに行ってきました。
ケアンズの中心からは1時間近くかかる。
ケアンズらしくワニや爬虫類の展示はかなり豊富です。
カンガルーは少なく、保護のために柵もあるためあまり触れあえません。
10匹ぐらいコアラがいて、それがガラス越しでなく、直に見られます。ワラビーもかわいらしかったです。有料でコアラを抱っこして写真を撮ることもできるようでした。ケアンズでコアラに触れ合うことが出来、写真も撮ることが出来るのはここだけですのでケアンズに行かれる際は絶対おすすめです。シドニーでは法律でコアラ抱っこは禁止で、見るだけのようです。
どの動物も間近で見れて、触れられるのもたくさんいて大満足です。
動物園の中も清潔感があって、椰子やバナナの木が南国ムードで楽しめます。

ケアンズ・トロピカルズー&ナイトズーは、ケアンズ地域最大の動物園!オージーアニマルを中心に120種類、1200匹 以上の動物を飼育しています。コアラ抱っこ写真、コアラと朝食、カンガルーの餌付けな ど、日本では体験できない多彩なプログラム、見て触れて体験できる笑顔になれる動物園 です!!
夜の動物園ナイトズーでは夜行性動物の活発な姿とオージーBBQ、飲み放題、ブッシュ ダンスがお楽しみいただけます。トロピカルズーのポリシーはオーストラリア&ケアンズでしかできない体験。自然の地形を 生かした開放的な園内では動物達との仕切りを極力なくし、身近に触れ合える作りです。
また入園料に 含まれるプログラムは動物達と触れ合ったり、活発に動く姿を見ることができるよう工夫 しています。  


Posted by ナカムー at 19:19オーストラリア旅行

2012年12月26日

シドニー・ハーバーブリッジ

シドニー・ハーバーブリッジに行ってきました。
シドニーでの観光名所すぐ側にはオペラハウスもあり、両方が一度に楽しめます。
シドニーポートからフェリーでハーバーブリッジの下を通り抜けるのは感動もの!
そしてハーバーブリッジを抜けたら、オペラハウスと並んで写真が撮れる。
シドニーのハーバーブリッジは、歴史的な重厚感と美しさを兼ね備えた建造物。
その長さを体感するには歩いて渡るのが一番。
この橋には電車と車道の他に、誰でも通れる歩道もついていて
平日の夕方になるとお勤め帰りのビジネスマンが着替えたジョガーたちが家路を行く、シドニーらしいマイペースな姿にも多数遭遇できます。

ハーバーブリッジ(Sydney Harbour Bridge)は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州シドニーにある橋。シドニーの巨大建造物の1つといえばハーバーブリッジ。サーキュラーキー・ロックス地区にある観光名所の代表格の1つ。
スケールが大きく、しかも美しい。全長1149m、幅49m、ニューヨークの「ベイヨン橋」に次いで、世界第2位のシングルアーチ。
シドニー湾によってシドニーはシティ側とノース側と分かれているのですが、橋が完成して70年後の現在でも、交通の大動脈としての橋の重要さは変わってはいません。   


Posted by ナカムー at 20:26オーストラリア旅行

2012年12月03日

ケアンズをレンタカーで観光する時のポイント

ケアンズをレンタカーで観光する時のポイントをご紹介します。
*ケアンズでの自動車運転には、日本の免許証、国際運転免許証とパスポートが必要になります。

■ケアンズの交通
ケアンズは、電車はキュランダ観光用の電車しかありません。なので、公共交通機関はバスのみ。あとはタクシーです。
10日間で子供を連れて色々なところを回る予定だったので、時間にも融通が利くレンタカーにしました。

■レンタカーを借りる方法
◆予約
AVISで日本からネット予約して行きました。
到着ターミナル内にメジャーなレンタカー会社のカウンターがあり、そこですぐ借りられます。早朝の到着だと、国内線ターミナルのカウンターにしか人がいないこともあるかもしれません。著者も朝早い到着(午前5時)だったので、カウンターに「国内線ターミナルにいます」のメモがありました。

◆料金
10日間でAUS500ドルくらいでした。(保険、諸費用込み)

■ケアンズでのドライブ
ケアンズはわりと田舎なので、市街地でも運転は楽です。日本と同じで車は左側通行なので、運転しやすいです。

◆ラウンドアバウトには注意!
ただ、ラウンドアバウトという円形交差点は、慣れるまでチョット大変でした。意外とたくさんあります。

グレートバリアリーフへ行った時のツアーのスタッフが「ケアンズの名物といえば、サトウキビ畑とラウンドアバウト!」と言って観光客にウケていたくらいです。

◆ケアンズからポートダグラスへ
海岸沿いの風光明媚なドライブルートですが、曲がりくねっているので、車酔いしやすい人は注意です。1時間くらいかかります。
途中、ケアンズ動物園があったり、パームコーブというリゾート地があったり、ワニ園があったり、観光地が点在します。

◆ケアンズからアサートン高原
アサートン高原も人気の観光スポットですが、車で行けます。途中からはひたすら1本道です。こちらも、曲がりくねっています。
*ケアンズからアサートン高原へ行く途中には小さな町を通過する以外何もないので、ガソリンを事前に入れてから出発しましょう。  


Posted by ナカムー at 18:19オーストラリア旅行